FC2ブログ
チェロとピアノと室内楽漬けの中、レッスンメモや練習メモ、合間に日々の徒然を綴ります。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
室内楽合宿終わり。
2019-03-27 (水) | 編集 |
ようやく主催していた合宿が無事完了し、ひととおりの「お荷物」をおろした気分です。

今回は弦のみの室内楽を重点にし、1人だけピアニスト様をお誘いしたから(いつもご一緒していただいているあの方♥)、
一組だけピアノ室内楽になりました。

なんで弦のみにこだわったかというと、ピアノが入るとピアニスト依存率が高すぎるからということがひとつ、
(ピアニストが素晴らしければ弦は負担がすごく下がるともいう)、
会場にしてた宿のピアノのコンディションが良いとはいえなかったことです。

室内楽を勉強したいならやはり弦楽四重奏は外せません。
前回ピアニストの参加が集中しすぎてやむなくピアノ室内楽オンパレードになった反省から
今回は募集当初から「弦室内楽重視」をぶちあげたため、
弦楽四重奏3組、弦楽三重奏1組、 そして上記のピアノ室内楽はピアノトリオでした。

シューベルトの弦トリ(いわゆる断章)、 ベートーベンの弦カル5番(Op18)、
メンデルスゾーンの弦カル6番、メントリ2番、 私の参加した組はモーツァルトの「不協和音」。


11月下旬ぐらいから日程合わせの相談をしつつ練習に集まりましたが
残り3人の音大卒メンバーは2人は音楽教室でヴァイオリンを教えているため 時間がなかなかあかず、
残る一人も バイト(音楽じゃないけど)と、レッスン通いと、いろんな音楽のお仕事があり、
4人が時間の合うタイミングが皆無にひとしく、 
なんとか 何度か3時間程度の練習日を決めた中で、 誰かが体調不良(インフルとか)になって数回流れてしまい
結局 選曲会を除けば3回集まれた? ってところでしたので、
室内楽的に 音色や音程感をちゃんと合わせるところまでは難しかったです。

やはり室内楽はもっと合わせの時間が取れないと完成度を上げるのは難しいなあと思いました。

音大在学中にもっとやれる機会があればいいんでしょうね。
卒業してからだと本当に難しいんだと思います。

でも  やったことがなかった「不協和音」 できて嬉しかったです。
やっぱり名曲だわーーー・

モーツァルト弦楽四重奏曲第19番  「不協和音」 音源

1,2,4楽章です。
練習とレッスンのとき繰り返しなしだったのを 本番だけ繰り返しありにしたものだから、
ちょびっと間違えたりしたのも思い出です(^^;

C-durなのですが CとGが上ずらないようにするのが重要だなと思いました。
あと、Fisの音程があちこち難しかった。

こういった調性や和音ごとの ピッチのいいとこを取る難しさがまだまだ訓練したいなと思ったところです。


限られた練習でしたけど 2回めなどに レコーダーで録音してその場でみなで聴く、という奴を今回もやりました。
やはりとても良い方法だと再認識しました。

メンバーもやったことがなかったようで、
先生などに聴いていただけない分、とても真剣に音源を聴いて研究されていました。

いろんな意味で合宿は楽しかったです。


自分たちなりのストーリーみたいなものを感じながら 「語り合う」音楽の魅力が室内楽かも。
この曲は もっとちゃんと練習して また弾いてみたいですね。









スポンサーサイト

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
アルペジオーネソナタ
2019-03-13 (水) | 編集 |
そんなわけで だらだらと取り組み始めたアルペジオーネ。
(どこまで修行好きなんだろ、自分。)

1楽章 レッスン きのうが2度目。
ただ、いろいろ抱えてて 練習充分とはいえない状態のレッスンでしたけど。

かなり脳トレ的な練習しないとダメそうな箇所がいくつかあるから
もっとちゃんと練習しないとなー。

アルペジオーネ1

例えばこういうとこね・・
これはIMSLPにあったURTEXT修正版のスクショで、
私が使ってるのはPetersなのですが。

この指使い、シャピロの指使いらしいんですけど、
親指でシフトしてかないとならないんで、ちょっと練習必要。

ただ、他にも運指はありえる。
もうちょい手が大きかったら 下のEを親指で とるポジションもありそう。

少し戻るけど ここなんか 書いてある指 (師匠もこれだった) と私の運指は違う。
私は 赤字で書き込んだのでやってみてます。
親指よりいい音が出るし。
(青〇はD線)
ちなみにこういうときに「五度を同じ指で取らない」は基本。 


アルペジオーネ2


ボウイングも書いてあるのがすべてではなく
いろんなやり方で弾かれてる。
まあ ある程度のマストはあるだろうけれど。

今のところ 33小節目の後半が 一番苦手っす。
右手と左手 まだ脳に完全に命令が入ってない。。
(右手の移弦パターンがちゃんと脳に入ってないともいう)

こういうのは、右手だけ開放弦で練習して弾けるようにならないとダメですね。

途中報告でしたー。


日曜から師匠の指導する室内楽合宿があって、
私が主催者で 事務局のすべてを背負ってるので 今 なかなか 大変なのでした。

去年の2月に初めて企画したときよりは要領が分かっているのでいいんですが。
18人も受講者がいるのでまとめるのも気合がいります。。。
HPをつくり情報共有してます。
最新情報や資料はそこからゲットできるように。
今どきいちいち郵送なんかしない!

でも 当日は 人数分印刷して 持って行かないとなー。・・
前日にやると忙しいから早めに準備しようとおもいます (←性格が出てます。。)


その次の日曜、つまり24日には 某所で 内輪の無伴奏の集いがあり
3年ぶりぐらいで5番プレリュードやら弾こうとしています。

3年の間に 新たに身につけたノウハウを投入して
やり直してみようと思い立ったのでした。

右手 まだまだ だわーー・・・


 




にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
お久しぶりです
2019-03-05 (火) | 編集 |
なんだか「からの巣症候群」みたく、空虚な感じで春がやってきました。

今年はコンクールも出ないし 春からの仕事に備えて、本番の予定も立っていないし、
どうも 「納期」がないと集中して仕上げてく風にならないので、だらだらしてしまっています。

ムジカーザまでストップしていた 日常の雑務は だいぶ消化しましたが・・・

なんだか 先ほど 右手親指に ぼこっとしたコブみたいなものを発見してしまいました。
いつ出来たのか、、、 昨日こんなのあったかな?

ネットでぐぐると なんとなくコレぽい。

粘液嚢腫

放っておかない方が良い気がしたので、
いつもの溜池山王のクリニックに電話してみました。
(ここ、花粉症ブロック注射もやってるため今の時期はいつもに増して混んでるんです・・)

予約いっぱいのところを 明日の昼ぐらいに ねじ込んでくださることに。

面倒なことにならないことを祈るばかり。


特に痛みはないんですがね。。


さて せっかく更新するので、最近の練習の様子などを。


しばらくダラダラさぼっていましたが、このままだと堕落するし、
折角 この間の大きな本番を経験して手に入れた色んな技術が なまってしまうのは嫌なので、
少しずつやってます。

まずは 1/12にやった曲の反省会として、
もっと精度をあげたかったところや、録音を聴いて気が付いた欠点の是正のための練習です。

バッハでは 何か所も音程の精度に満足できない箇所があったのを復習するとともに、
ブレスのコントロールを見直しました。
弾きながら自分の音楽を余裕をもって聴けることを意識。
 
そのためには 「弾く」という行為について 完全に自分のものにならないと いけないということ。

右手の使い方をもう一歩 改善しようと身体に意識を向けながら 
自分で「美しい動きだ」と思える軌道、 筋肉の動きをひたすら研究します。

左手も、より脱力したしなやかなシフテイングをするための運指の見直しをする箇所もあり、

どの指でどのようにシフトするか をもう一度 いろんな箇所で分析して改良します。

無駄がなく 必要な準備も充分に出来て しかもオンタイムに発音できる 連続的な体の動き、

うまく弾けてないところは全て、それがまだ完全に出来てないです。


鏡も使いながら、美しい体の動きを毎日研究しています。


そうそう、 バッハの6番 ガヴォットとジーグも いつの間にか暗譜してしまったので、
こういった細かい部分の詰めが出来る段階にようやくなりました(T_T)

音程 は 慣れない方はチューナー使いながらで良いと思います。
でもその時、チューナーを使って確認したうえで、
耳を集中して 「響きの純度」も追及してくださいね。

直前に鳴らした音や、弓の触れていない他の弦の倍音ポイントで共鳴している響きも
ちゃんと聴いて、「音の波形が干渉しあわず 美しく共鳴するポイント」 を覚えてほしいです

響きに対して決して妥協しないこと、 これを是非 心に留めて 日々の練習をしてくださいね!

私も頑張りまーす。

アルペジオーネ1楽章、譜読みしてます。
次が2回目レッスンです。










[READ MORE...] にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
ムジカーザ本番終わりました
2019-01-20 (日) | 編集 |
1月12日 ようやく大仕事が終わりました。

ホール予約が2年前。
「七重奏をやろう」というのが当初の目標でした。
それからメンバーを厳選しハントし 練習やレッスンのスケジュールをすり合わせ
ほぼ同じ弦メンバーで ブラームスのクラ5もやろうという今覚えばボリューム過多で 無茶な計画をたてました。
無茶ついでに共同発起人のCb氏と盛り上がり、
「せっかく全日あるので 2部制にして ソロプログラムをやってみよう」 とあいなり、、、

おそろしいもんですね、勢いって。
後になって めっちゃ後悔しましたよ・・

身体はひとつだっていうのに。


このシリーズは ささやかながら入場料を掲げる意欲的なシリーズです。
会場費のカンパといった意味合いでの入場料設定ですが
そのかわり自分たちにもプレッシャーをかけていくわけです。
参加者が友人に招待券を送るのが多いけれど、
私としては 顔見知りなどではない 完全にフリーな聴衆を対象にして
自分たちの音楽を磨く契機にしたいという気持ちもあっての企画です。



まあ 大それてますけどね・・・
そうでもしないと自分に甘くなってしまうから、って言い聞かせて頑張っております。

師匠も  金額はいくらであっても チケット代を設定しているとなれば
鬼のように厳しくなります・・・・

二言目には「金取るんだろ! そんなの聞かされたら俺ならしんどいわ」  と 情け容赦のないお言葉。

当然ですね・・・


実際 ムジカーザのような良いホールを使うとなると費用はかさみます。
今回も ホール関係だけで16万ぐらいいってるんじゃなかったかな。

次は 「投げ銭 (カンパ)」 方式のライブをやってみたい気持ちもあります。
お代は見てのお楽しみ、って(笑)


ただ、、、 師匠の鞭は当然の結果としても   2部の室内楽の方の自分の苦手な箇所などの練習が 十分だったとは到底言えず・・  要するにソロの方の準備でアップアップしてしまったのでした。 反省。


考えてみれば 7分枠の セシリア(コンクール)の曲で あれだけの負荷がかかってくるというのに
1時間も弾こうとしたら それどころではない、ってことを 事前に覚悟すべきでした・・
一応 「新曲」は入れてないんですけどね。 さすがにそれはきついと思い。
(でもブラームスは きっちり本番経験があるのは1楽章のみ。残りは少しレッスンでやっただけ)

しかし、バッハ1番は 8年前に 昔の師匠のところで 今より相当未熟な時期に習って以来のレッスンです。

厳しさの比べ物にならぬ2師匠に あれこれ叩かれ
理解は進みましたが 正直いって 自分的にはぜんぜん完成度が至らなかったです。
消化しきって自分の音楽として再構築してアウトプットするには やや間に合わなかった。
 
ブラームス全楽章も初挑戦でした。
2,3楽章 もっと詰めたかったし ほんとに不足だらけです。

小品プログラムは ラルゴ、無言歌 アンコールの白鳥ですが…
なかなか大変。

録音を聴きかえすと 全般に まだまだ右手がダメ。
もっとキープしてけないといけないところで抜けてるのが多いです。
それからアップとダウンのスピード差が ずっと課題になってたんだけど 
その弱点ももろに出てる印象。

精進したい。


ブログ読者の方だけに公開の動画です。
ライブだと みなさんあまり気にならずに聴いてくださってるようでしたが 録画はごまかしがきかないのですよ。
ただ、音の感じは客席でのライブとはだいぶ違うと思います。
なんだかんだいって生は圧倒的にインパクトを与えられるというわけですね。

世の中の素晴らしいプロの演奏は たとえ音のしょぼいYouTubeでも素晴らしいのですが
ライブだったら100倍感動的だと想定されます。

(1)バッハ



(2)ブラームス



(3)小品より




これは 1月6日のほうが自分的には納得行くとこが多いです。
ちなみにピアニストは6日とは違います。いつもの方です。

おまけの室内楽部門です。
こちらは 動画ではなく 吊りマイクの音源で。

ブラームスクラ5


1楽章
https://www.matatabi.net/FC2BlogCello/2019/BrahmsCL5-1mv.mp3


2楽章
https://www.matatabi.net/FC2BlogCello/2019/BrahmsCL5-2mv.mp3

3楽章
https://www.matatabi.net/FC2BlogCello/2019/BrahmsCL5-3mv.mp3

4楽章
https://www.matatabi.net/FC2BlogCello/2019/BrahmsCL5-4mv.mp3

どこかで 1時間コンサートに呼んでくださるところが あったら 同じプログラムで再演したいですよ・・・
ピアニストのギャラは必要だけど。








にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
今年もよろしくお願いいたします(初本番の音源)
2019-01-07 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます。
2019年もよろしくお願いいたします。

しかし怒涛の年末でした。。
クリスマス連休は いつもの御苑の発表会やクラ5(ブラームス)の練習会などでつぶれ、
そのあとも 25日、27日、28日とレッスンが3回 それ以外はひたすら練習、
28日のレッスンのあと 暗い中 車で 正月用のかまぼこ(この時だけは贅沢します)などの食材のセールに買い出ししたのが精一杯。

大掃除?なにそれ食えるの?状態でした・・・ ましてや年賀状。
はがきすら買ってないまま元旦。

あ、でも 30日から夫が休みで 窓拭きをしてくれたので 「ちっ・・しょうがないなあ・・・」と
だるい体に鞭打って きっちんだけは大掃除しましたとさ。

そして一緒に買い出し。

大晦日は夫が楽しみにしているシャンパンナイトなので
つきあうしかなく、  我が家は 禁断の「昼間の年越しそば」というズルをします。
だって夜は ごちそうとシャンパンとワイン飲まなきゃならないんだもん。

歌番組嫌いの夫のせいで紅白は見られません、、

まあ あまりに冗長だし途中の芸とかが邪魔で 全部見る気はもちろんないけど
米津玄師とか聖子メドレーやユーミンメドレーや 夜桜お七や、、、
いくつか観たいのがあったんですよ。。。

曲別オンデマンド放送やってほしいです。

・・・そして 0時 年越しで 近所の大きな神社に初詣。

破魔矢やお守り買って 併設の銭洗弁財天にも忘れずお参り。

これが大晦日の我が家の恒例です。

で、寝て目が冷めれば元旦というわけです。

ネットでおせちを注文する余裕すらない年末だったので やむなく 
おせち嫌いの2人が食べられるアイテムだけを もっともらしく飾り付けて いっちょうあがり、としました。。
元旦の朝に働いちゃいけないのに。。。笑

飾りにいろんな葉っぱをあしらってますが どれも 庭とかそこらへんに生えてるやつを切ってきたものです(^^; 適当


2019-1.jpg
2019-2.jpg
元旦
2019-4.jpg


煮しめと 雑煮つゆだけは 真面目に手作りするんですがあとは出来合い。
でも正月気分はたっぷり味わえます!


へとへと。。。。   ポストをみると あちゃーー  10数枚年賀状来てる。(有効枚数のみカウント。あとは広告みたいなもんで)

はがき買ってない。 買いに行くのも大変。
で、プリンタで毎年やってる感じの写真入りのを元旦に作成して必死で書く。

SNSでつながってるひとは近況がわかってるんで省略なんですが
年賀状のみで消息をつないでる友人もおりまして、、、、 やめられないんですよねえ。
(彼ら、SNSなんてやってない人たち)

来年は10枚ぐらいは年賀はがきをちゃんと買っておこう。


本来 弾き初めは皆さん2日だと思うんですが、、、、  私は、、、、 元旦から(T_T)
元旦明けに本番が2つ。 良くないなあこういうの。 もうやめたい。

1つめは こそっと 参加した  APAのBBSコンサート。
私はAPAの会員ではないんですが これは非会員でも参加できるので うっかり申し込んでました(爆)

どうせなら全部12日と同じ演目にすればいいものを メインはショスタコ1楽章。。。 
20分枠なので 残りに ラルゴと無言歌をつっこむ。 こちらは12日の予行演習ね。

ブラームスをと思ったんだけど 初共演のピアニストさんがショスタコを気に入ってしまわれ
「ぜひ弾きたい」とあいなりまして。。

ただ いかんせん12日の準備が優先で ショスタコの復習は 十分には時間は取れず。
それでも去年 死ぬ気でさらった曲だけに まあまあなんとか乗り切れました。

ラルゴが一番 課題が感じられたので これは音源貼りません。
12日 をお楽しみに  (と自分を追い込んで見る)

無言歌は あれこれキズがあるにもかかわらず何故か師匠にもお客様にも評判がわりとよく、
曲の力もさることながら たぶん私に合ってる曲なのだろうと思います。
実際大好きだし、どう表現したいかのイメージがものすごく明確だから・・


ショスタコもけっこう向いてたかなと思います。 ピアニストさんが 全楽章やりたいと意欲的なので
今年もしかしたら残りも頑張るかも。

★無言歌

 
★ショスタコ



=======

ショパンと無言歌を比べると 圧倒的に曲の出来が後者が勝ってるのがわかります。

ショパンはやはり弦の曲をつくるのが下手(><)
ラルゴみたいな曲は 曲の力は弱いから、 名手が見事に表現した場合のみ「素晴らしい!」と言ってもらえるのであって、 アマチュが取り組むには難しすぎるかも、って思いました。
とはいえ 宣言した以上、12日には披露せねばならないので頭が痛いです。
最善と尽くします。。。

ラルゴのピアノの左手、ベースラインは 立ち上がりの遅い濃い粘りのある音色が良いように感じてますが
無言歌の場合は ぽーん という鳴り方なので オンタイムで鳴るのが音楽を運ぶのに必要だと感じました。
そしてチェロが割と高音域にいるので ピアノは バスをしっかり鳴らしてもらうのが良いです。

ダイナミクスがp とあっても それは右手の多い音符の側の話。
pの音色で 音量はしっかりバスは出してもらう。

バスで音楽が運ばれています。 メントリなんかも同じなんだけど 音符の多さに惑わされず、バスの骨格を見誤らず、
全体の音量が100としたらベースラインに6-7割意識を持っていってほしいと ピアニストさんにもお願いしました。


みなさん 「え、でもここはダイナミクスpだからそんなに左手出すの?」って抵抗感がある方多いですよね。

ダイナミクスのpは音量じゃなーい、と師匠たちに耳タコで指導されてきました。

「p」とはあくまで音色でありニュアンスである。 音量はしっかり出したほうがいいことのほうが多い。

やってみたらわかると思うのですが 無言歌の冒頭のピアノ。
バスを 鍵盤近くから深く押し込むように置いて(カーンと押さない) 指が細いなら2本3本と使って
体重がーんと載せて 存在感のある音を しっかり出すと
その響きにまぎれて右手は撫でる程度でも バランスよく綺麗に収まるはずです。

左のバスをしっかり鳴らさないと 右手がうるさく聞こえます。




と、この辺は自分自身が過去にピアノを弾いてみて 感じていることでもあります。


あと いくつか 無言歌のピアノへの 私の 「ここは絶対!」的な解釈とお願い項目はあるんですが
書ききれないので 興味のある方は個別にディスカッションいたしましょう♥



さて バッハにブラームスに 。。   頑張らねばならぬ。

練習しよ。
















にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村