FC2ブログ
チェロとピアノと室内楽漬けの中、レッスンメモや練習メモ、合間に日々の徒然を綴ります。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
人疲れとバッハ
2018-10-27 (土) | 編集 |
このところ 毎日 バッハを弾く。

今の練習メニューは 久々に引っ張り出したMERKのETUDEの4番と、バッハ

プラスアルファでそろそろ練習にとりかかるべきな ブラームスのソナタ1番 をちょこちょこ。
室内楽案件のソロ部分の弾けないところの練習。


バッハは レッスン受ける6番のガヴォットとジーグ以外に
いくつかさらう。


半年以上、 シューマンやらショスタコやら ピアノとのアンサンブルでの曲ばかりに全力をあげてきた反動なのだろうか、
突然 バッハばかり弾きたくなってる病。
アンサンブルの良さは置いておいて、
無伴奏のこの曲は 100%自分だけの音楽として弾ける事が最大のポイントなんだな。。。

少し 「人疲れ」してるんだと思う。
(あ、ピアニストさんに疲れるってことはないんです。 もっと いろいろな意味で ・・・)


プライベートで一切 人付き合いをしない夫と異なり、
私は何かと人を集めて いろいろやる方である。
室内楽だってそのひとつだろう。
誰かに誘われて弾くより こちらで企画して 人を集めて やってる方が多い。

後輩の面倒みたりもする。
 

それでいて基本的には ひとりが一番好きなのだ。


変な母親のせいで、 小さいときから私は異端だったと感じる。

小学校にあがったとき、 母親が私に与えたのは 「黒いランドセル」だ。
「女の子なら赤」 という固定観念に疑問を感じた母の アンチテーゼだったようだけど
なら ランドセルそのものを否定すればいいのに! と 大人になって思った。
だからって 黒。 
黒いランドセル。

黒いランドセルを背負わせれて小学校に通う娘の気持ちは?

でも 人と違って目立つこと には そうやって慣れさせられたともいえる。
育つとともに 人と感覚が違うのは自覚しだしていた。
 ひとりで平気だったし。 ひとりで遊ぶのも好きだった。
ただ、勉強はよく出来て いつも100点。

もともと楽器をやっていたから 友達と一緒に遊ぶ時間は少なかった。
友達と違うのが 自分にとって当たり前の日常となっていたんだろう。

私は小学校で2回転校した。
2回目は小学校5年のときで、国立市の小学校に行った。
ここで生まれて初めて ひどくいじめられたっけ。
ここは5段階評価で成績表をつけないところで、
「よくできている」とかそういう欺瞞に満ちた(笑) 美辞麗句の通知表。
私は思いっきり異文化からやってきた子供だったんじゃないか。

かなり陰険にいじめられて 登校拒否になりかかったのを覚えている。
でも母親は強すぎる人で、 そんな娘を、断固として逃げさせてくれなかった。
運よく生き延びたからいいけどねえ・・・ 辛かった。

幸い 2年もない小学校生活で、中学に上がったら 普通の成績評価をする文化に戻ったため
それまで威張っていたいじめっ子と立場が逆転し、普通に過ごせるようになって事なきを得たのだ。

でも 「ちょっと変わった子」 としての私はその後ずっと続いた。

ひとりで色んなことをするのが一番好きで、 ぼーっとする、 あちこち歩き回って探索する、
詩を書く、 音楽を聴く、 本を読む、 映画もひとりで行く。

自由を束縛されたり鑑賞されるのが最も苦痛だから 群れの中にいるのが辛い。


・・・人生の途中経過は省略するけど そういう人生。
恋人だけが 唯一 心を許す、人生に必要な存在で  他の人とはあまり過ごさない、 そんな感じだった。
恋人以外は他人、って人生だったような。

たまに人と過ごすのは楽しいのだが 常にというのが無理なのだ。
窒息しそうになるのだ・・・

社会不適応と言わば云え (^^;



そんな私に一番向いてるのは無伴奏。
バッハこそ命。

いや 室内楽は 面白いんですけどね・・
それも 深く掘り下げたくなっちゃうから 周りの人と なかなか嗜好性が合わないんだなあ。



孤独にはバッハが似合う、ってわけでしょうか。

バッハ、いいよね。
バッハ、 自分の内部との語らいみたいで。

明日もバッハ弾こうっと。





 








スポンサーサイト

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
クローンビジネス
2018-10-27 (土) | 編集 |
TVでクローンの番組をやっていて、海外のペットのクローンビジネスの話が出てきてる。
一千万出してもという気持ちは分からないではないけれど、例えば死んだチョビのクローンがいてそっくりだったとしても、チョビとの思い出は引き継がれないんだからやっぱり別の存在じゃん、と虚しく思う。
姿かたちや遺伝子よりも、一緒に過ごした時間や出来事の積み重ねが代替不可能な宝物なんだよな、、、と思う。

世界初のクローン羊「ドリー」の話は有名だけど
ドリーのビデオを見ていてとても複雑な気持ちなった。

クローンで作り出されたのであろうが そこにあるのは 「ひとつの命」であることが胸に迫る。
同じ命であることがなんだか 見ていて辛いようなそういう複雑な気持ちになった。
ドリーには罪はない。 生まれさせられてしまったいびつな命。

なぜだか それは わたしには 「かなしい」 という感情を呼び起こす。


やっぱりそれは 「神の領域」 なんではないかと思う。

死を受け入れ 自分のどうにもならないものを受け入れることを
人間は続けて来たし、だからこそ文学や芸術も生まれたのではないのか。
宗教もしかり。

「脳のないクローン人間」をつくるという話も出てきて
理屈抜きに その発想にぞっとした。








にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
バッハ
2018-10-17 (水) | 編集 |
さて 1月12日の演奏会でブラームスチェロ・ソナタ以外に何を弾くか!!
まだ決まってません。。。

メンデルスゾーンの無言歌のような小品も弾いてみたいし、
無伴奏からも抜粋で弾こうとは決めてるのですが、、、、

それで ざっと弾いてみました。
たまたま とても音のいい場所で練習させていただけるチャンスがあったので、、、

といっても 1番3番のプレリュードは普段たまに弾いているものの 本格的な練習にはまだとりかかっておらず
知ってる人ならバレバレの音の間違いとかあったりしますが、、、、 そこはまあ 「練習音源」と思っていただいて。
あんなに音が素敵ならもっとしっかり練習して行けば良かったー、、、、、


この中から何弾こうかなあ。


(1) 1番 プレリュードとアルマンド (音源


(2)2番プレリュード (音源


(3)3番プレリュード(音源 プレリュード  


ずっとここのところ 自分の課題にしているのが 「時間のコントロール」
(時間とはすまわち息だと思っています)

前に自分で録音を聴いてすっごく嫌だった部分なので 本番では そこを改善して表現したいものです。

こうやって録音聞くと それなりに心がけた成果は出てるようなので これからもこの方向で。

。。。本番に弾く曲を早く決めて、 音程精度をあげる練習をしないとね。。。




にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
音楽の常識 メモ
2018-10-09 (火) | 編集 |
大阪から戻ってから体調を崩し 風邪ひきさんです。
なにしろ気温差が大きくていけませんね・・・

練習したくない病にも陥っていて 体調の悪いのをいいことに あまり練習してません。

でも1月の室内楽演奏会に向けて本腰を入れ始めないといけないし、
えいやっと 先生にお願いして日曜の朝にレッスンを入れていただきました。
この日はクラリネット五重奏曲のチェロパートのツボのレッスン。
なかなか難しいもので、、、 さらに終楽章でのチェロのソロの聴かせどころとかもあるし
14日にはメンバー全員での第1回レッスンを受けるので そのときに弟子のチェロパートがあまりしょぼいと、
まずいですからね・・・

さて 余裕のあるうちに いくつか「まとめ」をメモしておこうと思います。
全般的な 「常識集」として。


1)楽譜に書いてないことは一切やらなくていいのか?

→ No  というか何をもって「楽譜に書いてない」と判断するか。記号で書いてなくてもフレーズを読めば行間に書いてある前提、というものがあるはず。

 例)テンポ

    ff のフレーズから p に切り替わるところで ritと書いてなくても 多少rit気味にスピードダウンするのは自然なこと。
    rit というより 「広げてゆく」 という感覚。

 例)ダイナミクス

    p と書いてあったら か細い音にするのか? No
    同様に f とあったらがなりたてればよいわけではない。

    ダイナミクスを、dbで計測する単純な音量としてとらえない。

    たとえ p とあっても それが旋律主導権を取っている箇所なら しっかり鳴らして良い。
    ただし 「pに聴こえる弾き方と音色で」 

    p というのは pという「音量」のことではない。

    ましてやロマン派の曲で espres.などと書いてあったら尚更だ。


2)和声感

   ・ ドミナント(5度)が出てきたら ドミナントを意識する。 しっかりした骨格がそこにはある。

   ・ 2度の連続は 前に前に進むイメージ

   ・ たとえば同じフレーズの中に6度の跳躍と2度の跳躍があったら 6度のほうをよりそれらしく表現する。差をつける。
     6度と2度は同じ表現であるわけがない。

   ・ イ音は 存在感があってしかるべき音。 しっかりヴィヴラートかけるなり 表現を工夫
    → 和音に含まれぬ音をわざわざそこに置くからには それは目だってよい音。

   ・ 7度 大事

   ・ 7度を 導音と取るか 和音内の音として取るかの判断は センスが問われる
     属7なら 低めにとるのがセオリー 導音なら高めにとるのがセオリー

   ・ 6度 大事。 特にアンサンブルでは意識せよ。
 
   ・ 常に今弾いてる和音の 主音が何かを念頭に置け


3) 間合い

     「大きな跳躍」 には 相応の時間を与えるのがセオリー。

     音と音の間の跳躍
     音量の跳躍 どちらも。

     前者であれば オクターブとぶようなときに 必要な時間をちゃんととること。 
     後者も同様で  ff から pp に落とす時にも しかるべき時間をとること。

     そのほうが聴いているものには 必然となり 自然と感じられる。
      逆に 機械的に同じテンポ・間合いのまま 進むと 違和感がある。

    アンサンブルなら 他パートにそういった跳躍がないかスコアで確認すること。


 4) フレージング

     どこまでを フレーズとしたいかを常に意識して読み取る

     1つの曲は 1つの演劇のシナリオと同じなので、 脚本家・演出家になったつもりで読み解くべき。

     どのフレーズをどんな風に聴かせたいのか。
     フレーズとフレーズの組み合わせの結果 どのようにイメージをつむぎたいのか。

     フレーズの中で 和音の中で 特に 聴かせたい音は?

     その音を大切に響かせるために 前後の音をどう配置してゆく?

     声に出してソルフェージュしてみる。 息の使い方を意識する。
     その息の通りに弾く。


     フレーズの中の 音楽的頂点たる音 どん底である音 そこに向かってゆくフレージング。
     その頂点やどん底の音は存在感がほしい。




昔 絵を習ったときに デッサンで先生が

「 一番明るいところと 一番暗いところを よく見て定めること。 」
「それは ひとつずつしかないから」

とおっしゃったこととリンクする。



 












にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
10月になりました
2018-10-03 (水) | 編集 |
台風すごかったですね。
皆さん 被害はありませんでしたか?

うちは 退避させておいた鉢植のうち2つほど割れてしまったぐらいですが
知り合いの家では庭の樹木が倒れてしまった人や、マンションのベランダの隔壁がすっ飛んだ人などがいて
東京近辺も相当大変だったようです。

30日は あるコンクールのファイナル参加のために大阪に行っていましたが
東京の方が酷かったんでは?と思われます。

もともと29日から2泊の予定で 月曜は古巣探索して(昔少し住んでいたので) 遊ぼうと思っていたのに
台風のおかげで 前日午後になって 1日順延といわれ 何もできなくなりました(T_T)

コンクール自体は 結果を出せずに終わりましたが
春のセシリアの入賞者への「副賞」 で、 ファイナルの参加資格取得がもらえるというので
物珍しさと  それにかこつけて 大阪の古い友人と再会を果たしたいという下心で 迷いながら参加を決めたのでしたが
要項が私には複雑で よくわからないまま 当日になり
はじめてわかったことに、
なんと このコンクールの アマチュア部門って、

声楽、弦、管楽器、ピアノ・・・・・ なにもかもが ごちゃまぜでまとめて同じ枠で審査、という大ざっぱさ。

ちなみに専門の部門では ちゃんとこれらは分かれてるんです。

「常識」として  ピアノと弦や 管楽器、声楽は 別々の視点で審査されるものと思うじゃないですか・・・・

「えええっ???? それって 意味あるの?」  ていうのが正直な感想でした・・・・

なかなかダイナミックですよね・・・・( ゚д゚)

FBページに結果が出てますけど、Section3(アマチュア)は
1位はフルート 
2位は歌とフルート各1名 
3位もフルート  
4位が4人いて、フルート、ヴァイオリン、歌、ピアノ

でした。 フルート多いし歌もけっこういましたね。
他にオカリナとかも出てたねー。。。 マリンバもいたしトロンボーン?もいた。
7-8分ずつで弾ききれる曲にしてもらって 聴衆で客席にいるほうが面白かったかも。



あと、講評のようなものが何かいただけるかと思ってたのですが一切なし。
感想レベルでいいからなんか欲しいですね・・




うーん。。。  講評もないんじゃ、出た意味あんまりなかったかな?
・・・正直 不完全燃焼気味で あまり面白くなかったし達成感もゼロでした。。。
参加費25000円、往復交通費、伴奏者の交通費と謝礼などかけて出る価値は少なくとも私にはなかった(※)ようです。

(本人分も写真・録画・録音いっさいNGなんですが、 あとで公式HP経由で  公式カメラマンがとった写真を 販売するらしいですよ・・・・  発表会か?? 写真なんか買ってもしょうがないと思うんですけど。
せめて録音か録画売ってほしい。反省材料にできるから)



それから演奏時間というか 持ち時間は 「5分」  (みじかっ…)
これは楽屋から足を踏み出したところからスタートです。

声楽のひとなんかは 即座に演奏開始できるからいいけど
チェロは椅子の位置直し、エンドピンストッパーの設置、調弦 なにもかもそこからです。
調弦は飛ばしましたが それでも僅かしか弾けませんね。

もちろん途中でベルが鳴って ちょんぎられます。
まあこれはよくあることだけど でも5分は短い、、、、、、、
セシリアは7分ですけど、2分の差は案外大きいんですよね。。。
8分あれば申し分ないですかね。


あ、専門の方は良いと思いますよ。 部門も分かれてますし・・・
そんなわけで 弾き終わったらとっとと着替えて帰りました。


まあ交通費宿泊費かけた分は 2日連続 ずっと会いたかった方2人に逢えたのでチャラです。

それに私は 「地区予選、地区本選・・・」などと参加費を何重にも累積してきたわけではなく
ファイナルのみですので なつかしの大阪への旅行が出来たことで結構楽しかったです。
楽器を持っていなかったら身軽でもっと楽しかったですが・・(^^;


(※)そうはいっても、目標を立ててレッスンを受け研究し練習するという積み上げから得られたものは大きいので、その意味では無駄ではないですね!



個人的な感想ですが、 ちょっと商売っ気ありすぎかなあ、っという印象。
写真禁止にしておいてから あとで販売する(写真のみ! 音源はなし!) っていう姿勢とかみても
育成する意欲ではなく、 コンクールビジネスという印象を受けました。
アマチュア狙いのでは K音楽コンクールっていうのもありますが あれもとても商売上手なんですよね。。

だからコンクールって興味なかったのを思い出しました。

セシリアは 女神湖に参加していた流れで出てみることになっただけですが、
こうやって比較してみると 大変に良質なコンクールではないかと思います。

ビジネス、としてではなく、純粋に 音楽を学ぶ人たちの育成を援助し後押しする、研鑽の場として存在している印象です。
良心的なのでビジネスとしては採算は厳しいのではないかとも思います。

あれは 女神湖同様に、吉川朝子先生の「強い想い」が詰まっているのかなあ、とも。

吉川先生は 学ぼうとする人に対する愛情を感じるんですよね。

私のようなトシを食ったアマチュアにも きちんと接して励まして下さるし。
毎年の進歩を心から喜んでくださいます。


審査員の講評用紙もちゃんといただけるので勉強にもなります。

といっても 3年連続で出るかは微妙・・・・・ 体力が…
来年は 場所が遠くなったし(浦安)・・・・・・・
3月末って ほんと本業のシーズン前の準備もあり 厳しい時期でもありますし・・・



=========

さて 不完全燃焼で欲求不満のショスタコですけど、
1月6日に 大田区民会館の小ホールである室内楽演奏会で 思いっきり弾こうと思っています!

ピアニストもあてが付きました。
はじめて共演する方で 前からご一緒したかったので 楽しみです。


もし おいでになれる方がいらっしゃるようなら ご連絡いいただければ詳細分かり次第お知らせします!


また 1月12日には 代々木上原のムジカーザで室内楽演奏会を主催します。

午後2時からの部では 1時間ほど私のチェロソロをやります。
午後4時半からの部では室内楽大曲2本やります。ブラームスのクラ5とベートーヴェンのセプテット。
足掛け2年 練ったプロジェクトです。

チケットは下記HPから販売中です。
よろしくお願いいたします!


Chamber Music Assort 2019




にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村